ぎっくり腰予防で寝込まないために

ぎっくり腰予防で寝込まないために

実際腰痛持ちの管理人がいかにギックリ腰に立ち向かうかを記録したサイト

当サイトのコンセプトは、体験。
実体験のない情報サイトでも素晴らしいのですが、実体験が伴うサイトだと、よりあなたにも伝わると思いまして、サイトを立ち上げました。

 

私自身、20年も前から事故や、重労働を強いられて極度の腰痛持ちです。ちょっとしたはずみでギックリ腰となってしまいます。

 

酷い時は10日間も寝込んでしまうほどの強度の腰痛持ちです。

 

いろいろ試した結果、どれが良かった、これがイマイチだった等をお知らせします。もちろん個人差もありますので、参考程度かも知れません。

 

あなたが会社で働いていて、ギックリ腰で数日間会社へ行けず、プレッシャーがかかるかも知れません。だからもしギックリ腰が起きたり、腰痛持ちでいつでもギックリ腰になり得る人でしたら、予防でどうにでもなるので、しっかり予防保全には心がけていただきたいです。
会社でのイヤミとか言われるのは辛いです。本人はなりたくてなっている訳ではないんです。仕事中にギックリ腰になってしまうかも知れません。会社を休む口実なんかじゃないんです。

 

こんな事考えるのは嫌です。だったらずっとギックリ腰と無縁な人となりましょう!それが楽しい人生の一つかと思いますが・・・

 

決して無理しちゃダメ

無理は禁物です。

 

ちょっと痛みが引いて、会社へ行く・・・・結局悪化。また休む。最悪は会社でうずくまって、家まで送り届けてもらうはめに・・・・
これじゃ会社に迷惑かけちゃうし、カッコ悪いです。だったらある程度完治するまでじっとしていましょう。

 

多少良くなったからって、必要以上に動かさないことが大事です。だから会社へは行かず、家で寝たり、座ったりリラックスしていましょう。もちろん同じ姿勢は辛いので適時姿勢を変える。これ大事です。

 

多少痛みが減るイコール治ったわけじゃないんです。ギックリ腰はなってから2から3日は安静が鉄則ですよ。

更新履歴
トップへ戻る