背中のこりがひどいとかばうために腰痛に発展

背中のコリは息苦しさ、だるさに加え、ほっておくとぎっくり腰にまで発展する恐れがあります。

 

トップページでも書きましたが背中のコリがひどく、張っている状態で無理をしてしまうと、もろい場所に影響が出てしまうのです。

 

なので背中のハリ、コリをほっておくと、ぎっくり腰になってしまうかも・・・です。

 

対策的には背中のコリをほぐす。さらにはぎっくり腰にならないように腰自体をほぐしておく、その2つの対策を常日頃行いましょう。

 

背中って大事ですね

 

背中がこっていいる部分は張っていて、筋が立っているほど硬いです。しかも力を入れていないのに、力んでいるみたいに固い。

 

大事なのはリラックスしている状態では柔らかく、力がはいっている状態では固く筋肉が緊張している。その状態が通常です。ですが、いつも固く張っている状態では要注意です。

背中のこりのほぐし方

私は背中のコリにより、ちょっとした重労働だけで背中の筋をギクっとひねってしまい、うずくまってしまいました。すぐ病院へ行きました。その時の治療はなんと、腰からの牽引。

 

一番弱い12キロの牽引力にて引っ張りました。15分、引っ張っている感じも弱く、物足りないんです。治療が終わり、椅子から降りた瞬間に腰が抜けて症状が強烈に悪化してしまいました。

 

ここで医師から言われたことは、腰がもともと痛んでいたんで、牽引は有効だが、そうとう腰と背中に無理をかけていた事、背中の筋肉が異常にこっていた事が重なり、腰痛を悪化させたとの事です。

 

それからは自宅で出来るストレッチの方法が書いた紙をもらい自宅で実施しております。

 

具体的方法は、強く押したりせず、さするのです。痛い部分に手で摩擦するようにさする。若干力を入れて擦る感じです。

 

さすることで温まり、筋肉の緊張をほぐすということです。

 

一般的に揉むことが筋肉をほぐすと思われがちですが、筋肉は外部より強い刺激を受けると、組織を守るために固まってしまうという防御反応がおこり逆に固くなるというのです。

 

このことはずいぶん前に伺っており、大変参考となっております。それ以降揉んだりしないで擦ったり、ストレッチをするにとどめております。絶好調です!

 

わかりやすく教えてくれるページもリンクしておきます→白金台カイロプラクティックのサイト

 

もっといいますと首は決して揉んではいけないといいます。理屈はわかりますが、ちょっと怖いですね。

 

首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす (講談社の実用BOOK)

新品価格
¥1,296から
(2019/4/18 22:42時点)

 

あと、コリには伸び縮みの運動が足りないのです。デスクワークなどでは常に同じ姿勢で固まりがち。日常的に伸びを意識してください。

 

さらに小学生時代にラジオ体操をしてましたね。これも実に良い運動で、運動不足にうってつけです。背中のコリにも継続することのよって有用な運動です。

 

ただし!
ラジオ体操であっても頑張りすぎると逆に筋を痛めてしまうこともあります。あまり勢い付けてやらない方が良いでしょう。

 

わたしが毎日実践しているヨガとしておススメのポーズがあります。かなり背中が気持ちいですし、毎日1分くらいどうでしょう?
サンクロレラ健康ブックのページ

 

内臓の問題も

 

背中のこりで内蔵なんて関係ないと思われがちですが、実は内臓の問題があるかもしれません。

 

薄い背中の筋肉の奥には膵臓や腎臓といった重要な働きをする臓器がいるからです。膵臓や腎臓はそれ事体が痛むということはあまりありません。(それらが痛んだ段階では、命が重大な危機にあります。)腎臓や膵臓たちは自分達が痛みを発するかわりに、周りの臓器や筋肉、そう背中の筋肉などの痛みをもって私たちに危機を知らせてくれるのですから。

出典先 整体院わごいち様

 

膵臓はまったく自覚症状もなく怖いですが、もし長く続く場合は病院で検査してもらってください。何も無ければ心配もなくなります。

トップへ戻る