腰痛ならこれを意識して!

仰向け、うつぶせ、横向きと人は寝方の好みがあります。

 

うつ伏せが落ち着いて大好きな人が、止めたほうがいいよと言われたら、寝付くのに時間がかかるかもしれません。やはり寝方は個性。

 

どんな寝方でも、あることを意識して見るとそれなりにどの姿勢でも腰に負担がかからないように眠れます。

 

仰向けに寝る人

仰向けは一般的に多い寝方です。

 

腰痛の痛みの寝具選びのページに記載しましたが、仰向けで寝るときは膝を立てて寝ると、腰が柔らかくカーブしてくれて、腰に負担がかかりません。

 

膝を立てると足の裏がちょっと痛くなりますので、膝に座布団を入れて、腰と膝に高低差を付けるだけで大分腰がラクになります。

 

うつ伏せで寝る人

うつ伏せ自体は腰の部分が下に行き、状態が高くなります。腰のカーブが反り気味になり、傷みやすい姿勢ではあります。極力腰が痛い人はうつ伏せで寝るのは極力避けてみてはいかがでしょう。

 

どうしてもうつ伏せでないと寝れないなら、腰に座布団1枚入れると腰がラクです。

 

横姿勢で寝る人

 

横向きで寝る人は腰痛には一番いいと整体院の先生が言っていました。

 

エビのように体を丸めるとよりラクになります。

 

まとめ。
要は、痛い部分を上向きにして寝ると、痛みの部位の負担が減るということです。ここを意識してください。

 

腰痛は後ろが痛いですよね。なので、痛みがひどい時は痛い部分が布団に当たると、より痛みが増える可能性があります。なので、ずらして横向きで寝てみたり、腰に座布団を入れてうつ伏せで寝てみたりしてみましょう。

 

仰向けは痛い部分が直接布団に当たるため、より痛くなるので、膝を高くして腰に負担をかけないようにするか、やはり横向きで寝るのがベターですね。

トップへ戻る